秋季役員会・鬼怒川

 15・16日、埼玉組合の担当で開催されました、12年ぶりの御役目です。  初体験と緊張のため前夜は殆ど眠れなかった最高幹部と共に昼過ぎにはホテルに到着、会議は4時からですが細かい打ち合わせなどをします。    2時過ぎからポツポツと遠方の方が来られました、3時を回ると受付に行列ができました。4時10分前になり、あと3組合を残すだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画撮影

 タイトルなどは記せませんが記憶が鮮明な内に。  天気があやしいので、8時集合のところを7時半に到着、すると映画スタッフも既に来てシートを上げる作業中、しまった出遅れた、こうなりゃシートを速く巻き上げるところでも見てもらおうと、いつもの三倍速、隣にいた若いスタッフが「はえっー」と叫ぶ。  今日は当番だが、店番はほったらかしに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ぬき穂」について

 久しぶりに古本屋らしい出来事が起こった。  先週神田市場で一本に縛られた雑誌を見る、一瞥はりっぱな売立目録に見えたが、目次をみると鳥居龍蔵など執筆は一流ばかり、時代は大正7年から10年まで、冊数は30数冊。ところが奥付がなく編者や発行元が判らない。 とにかく札を入れておいた。首尾よく落札。  翌日この雑誌を引取りに出向き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月1日蓮田市場~総会まで

 市場近くの見沼用水を歩いて花見をする。  市場の荷物は少なかった、ちょうど5年前蓮田に引っ越してきて、なかなか荷物が集まらず毎回苦戦していた頃を思い出した。  出品の安定というのは難しい、特に埼玉の場合は隣に東京という巨大市場があり、そこを曲げて出してもらうのだから、買手は高く買うように努め、事業部も時には個人への営業をかけて出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓮田~千葉

 18(火曜)は不意に午前2時過ぎに目覚め、そのまま一階の猫部屋で即売の値札貼りをしていた、そして6時頃電話が鳴る、出ると「・・が急死しました」。一旦電話を切って川口の理事長の携帯に電話して要件を伝える。  いつもより早く自宅を出て蓮田市場へ。本人の未清算を確認して、理事長と今後の段取りの打ち合わせ。  市場の初めに全員起立して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大盛況でした蓮田

 名古屋大市からの流れで二人、さらにもう一人とお客様が加わり、前回の積雪分を大きく取り戻す結果になりました。  場内はいつもより数倍活気が満ち、落札価格も少し高いようでした。  参加者が多いと、普段はあまり売れないモノでも誰かしらが買ってくれます、そして好みがぶつかった時は一挙にヒートアップ、若手は怖いもの知らずで突っ走り、ベテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪をも融かす蓮田市場。

 意外にも蓮田市場周辺の雪が少なかった。  でもいつもなら売りの柱になるべき人が二人欠席だった、多分雪のせいだと思う。  市場の荷物も少なめだったが出来高はそこそこにあり、改めて昨今の底力を知らされた。  前回の市場でコミックセットが高く売れ、それを見込んでの出品が早速あり、機を見るに敏な古本屋を頼もしく感じた。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

噂の新人、入会する。

 今日の市場は午後から天気予報通りの降雪となり、辺り一面真っ白、でも道路には積雪がなく、なんとか最後まで開催できた。  昨日の中央市で、埼玉に凄い新人が入ったそうですね、と訊かれた。いやまだです、多分明日からです、と応えておいた。どうやら、ワテが想っている以上にネット上では有名な人らしい。  本日の新規入会者・・高橋さん(ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新手一生

 初市の時即売で来られなかったベテラン勢も揃い、それに加えて札幌からのお客様も加わり賑やかな市場になった。  ピカピカの哲学書2本口、探偵文庫などの2本がセリ上がり、場内を沸かせた。やっぱり参加者が多いと活気が出て、なかなか穴を見つけるのも難しい。  このところ安定した出来高を記録しているのは、新規入会者を含めたネット組の頑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初市蓮田市場

 即売で5人欠席だったが、商売心をくすぐる出品が多くあり、ワテが記憶する中ではここ10年でサイコーの出来高になった。  朝一番「我々執行部は今後、入会については迅速に手続きしていくことにしました」という当り前の挨拶がなされ、ようやくここにきて、長いトンネルを抜け、明るい日差しの中に出てきた。  近々、強力な新規入会者が2人来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧が晴れた。

 蓮田市場に到着して間もなく、理事長が来られてお話し。某組合の中国人加入問題、関西からの転入業者のこと、そして懸案だった川口支部の新規入会者の件、特に新規入会の件は前向きで、間もなく入会の方向で決定となる由。  振り返れば、後ろ向き(3月頃)、前向き(4・5月)、後ろ向き(6月以降)と、幾度も変遷があったが、どうやらここに来て、進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若手主導

 先日の蓮田市場はほぼ完全に若手中心に市場運営がなされた。  入力や会計は以前から掌握できている、ちょっと弱いのが市場のフリ手、これは数年かけて慣れないと、いいリズムは出てこない、それと本の分類とその大まかな知識と相場、これも把握してないと、適切価格で落とせない。  先日の市場で細かな改良点を言うなら、縛ってある紐をやたら切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一ヶ月ぶりの蓮田市場

 前回の市場を休んだので実に久しぶりの感じがした。蓮田市場は若手が多い、そのチームワークは他のどこの市場より素晴らしいと思う。  そして本日(前回の市場で入会済み)、また新たな入会者がおられた。  「小川商店」の小川さんです。どうぞ、よろしくお引き回し願います。  細かいことではいろいろ難点もあるが、でも大きな流れとしては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水戸市場訪問

 朝5時半川越出発、途中で佐藤さんを拾って、外環から常磐道、2回のトイレ休憩をいれて水戸の会場には9時到着。公共施設の3階の1室を借りての開催で案内板には「古本勉強会」と記してあった。  荷物搬入も若手の人に手伝ってもらい、要領のわからない初心者はとても助かった。  9時半、フリ開始、荷出しとフリ手のテンポよく、次々に落札さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12年半ぶりの欠席

 前々から一度是非訪問したいと思っていた茨城組合さんの市場を訪ねます。今までなかなか行けなかったのは、埼玉の市場と重なるからですが、今回行って来ます。よって次回の蓮田を欠席します。  前回埼玉を休んだのは、2001年4月、大阪で全古書連大市があったとき。当時は大宮市場で毎週火曜の開催でした。古本市場は好きですが、大宮に格別の愛着が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爆発した切符

 SF小説でなく、切符がバカ売れした一席。  資料会を覗いてから池袋の露天即売を陣中見舞い。  今回、埼玉人は二手に分かれての布陣。ワテがAからBに移動して、再びAに戻って間もなく、目の前のお客さんがキップの束を差し出して「これ全部下さい」「へい、らっしゃい」と荷主は大喜びをかみ殺して商品を受け取ると、さらにお客さんが「この一箱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木中市

 朝ゆっくり出発して11時半到着、早速ウブ荷の「101」紙モノに入札開始、とても全点見る時間はないので、何か1点でも発見した時点で入札して、ほぼ紙モノの全点に入れてみた。  会場全体を流して、1時過ぎに用意して頂いた昼食を摂る。栃木・群馬・茨城・千葉・名古屋のみなさんと歓談しながら愉しい時間のひと時。いいもんです。  1時から開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権限と責任

 ワテとしては当然だと思っていたが、案外見過ごされていると気付いたので一言。  これに似た関係で、義務と権利がある。自分の職責を自己都合で一方的に放棄しておいて、その後、自分の権利を主張しても、これは認められない。  そして本題。これを考えるには、組織のトップとは何か?を検討しなければならないが、それは省略して、結論を記すと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高見の見物

 我が組合のことでなく、明古のこと。  今日の出品には、某人気版画家の作品がズラリ並んでいたり、マニア垂涎のシナリオがこれまた数多く陳列されたりで、この分野の業者は忙しかったと思う。  特に、シナリオの方は、よく知っている業者の得意分野で、ワテとしては自分のことのように入れ込んだが、銭を払うのは本人、こっちは無責任な外野とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週末は「紙魚之会」展・東京古書会館

 紙魚(しみ)とは書籍に巣食う微細な昆虫のこと。これは商売柄よく見ます、でも古本屋の分身ではありません、そんな名前の付いた展覧会に明日から初参加。  今日搬入してきました。基本図書、趣味本、そして紙モノが多いのが特徴、もちろん珍奇な書籍も並んでました。  今回出品されている東京の某ご同業が東武東上線沿線と分かりました。これで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more